アコムの利息のキホン

アコムを利用する上で、絶対に覚えておかなければいけないものの一つが「金利(利息)の計算方法」です。アコムだから重要なポイントになると言う訳では無く、カードローンを始めとする借入れ(借金)をする時には確実に押さえておかなければならないものである為、これを機にしっかりと基本を覚えてしまいましょう。

まず、基本となる金利設定は公式WEBサイトなどを確認することで把握できます。しかし、各社ともに5~18%と言った具合で幅のある表記になっているため、どの数値を使って返済プランを設計するのかと言うことが問題になります。

人によっても異なりますが、ほとんどは最大金利で契約する状況になる為、必ず最大金利をベースに返済計画を作成していきましょう。その際、やみくもに最大金利で返済金額を試算していくのではなく、必ず「毎月の具体的な返済利息と完済時の支払い総額」を出来る限り正確に計算していくようにしましょう。

例えば、初回返済時には5000円だったとしても、2回目の返済時には4999円と言う具合に支払金額は減っていきます。あくまでも返済ごとに元金が減っていくことを前提として計算していますが、このような計算方法を用いて完済までに実際に支払うであろう総額・内訳を把握しておくと、利用してからの状況に対応しやすくなります。

融資上限金額が増えれば金利も下がる為、途中で下がることはあっても上がることは無いという前提のもとに計算をしていきます。
参考

すすきのにあるモビットローン申込機

すすきのは札幌で最も大きな歓楽街で、東京の歌舞伎町や福岡の中州を称して日本3大歓楽街とも呼ばれ、あらゆる業種が混在する巨大繁華街でもあり、日本国内はもとより外国人の姿も多く、特にさっぽろ雪まつり開催時には国外からの観光客でさらににぎわう街です。

観光で札幌へ行ったときなど、夜にはすすきのへ遊びに行くこと多くのかたもおられますが、そんなときちょっと手持ちのお金では足りないといったときはモビットのローン申込機ならすぐにお金が借りられます。

モビットで必要になる書類として、本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)が必要になります。
50万円以下の申込であれば通常は収入証明書類は不要ですが、場合によっては提出を求められることがあります。
ただ、ローン申込機からの少額の借入の場合収入証明書類を必要とする場合はさほどありませんが、在籍確認を書類で代替えするときは必要になります。

ローン申込機の申込の流れはローン申込機の画面の案内にそって入力が終わればすぐに簡易審査結果が画面に表示され、続いてカードが発行されますが、この時点ではまだカードは利用できません。
続いて電話で本審査前に質問が有るのでそれが終われば本審査になります。
在籍確認のあと本審査の結果が知らされるので、その内容を承認すればカードが利用できるようになります。

その後、入会申込書が郵送されて来るので必要事項を記入して返送すればすべて完了となります。
ただこういった手続きが面倒だというかたはインターネットの「WEB完結申込」がおすすめです。

主婦がオリックス銀行カードローンを利用したときの体験談

ママ友との交際費がかさんだり、友達の結婚式がたくさんあったりして、専業主婦の私が自由に使えるお金が足りなくなってしまいました。夫にお金がないことをすぐにいったらよかったのですが、一生懸命働いてくれている夫にそのようなことをいうことができなくて、評判の高いオリックス銀行カードローンを頼ることにしました。

私は、インターネットからオリックス銀行カードローンの申し込みを行いました。スムーズにできると思っていたのですが、主婦を選んだら「職業、主婦は選べません。」と表示されてしまいました。そこでどうしたらいいのかわからなくて戸惑ってしまったのですが、いろいろと調べてみたら、ここは夫の情報を入力したらいいことがわかりました。職業も年収もすべて夫のの情報を入力したことで、無事に入力をすることができました。そのうえで、オペレーターに、私は無職ですが、夫の情報で申し込みをしました、と連絡をしました。

このように手続きをしたことで、無事にお金を借りることができました。ママ友との交際費とか、結婚式の費用なども無事に出すことができました。オリックス銀行カードローンは無事に簡単に借りることができました。お金がないときに、このように借りることができる場所があると本当に便利でありがたいです。返済は、夫のボーナスが入ったらするつもりです。今回借りることができて、生活に余裕がでました。とても、ありがたいと思っています。

デビットカードを発行している銀行は?

 クレジットカードはクレジットカード会社が発行するカードなのに対して、デビットカードは銀行が発行するカードです。買い物の支払い時に、口座から即時決済されるのが特徴です。国内で発行されているデビットカードは、クレジットカードほど種類は多くありません。国際ブランドのデビットカードであれば、世界中のブランド加盟店で利用でき、海外ATMの利用も可能です。日本で発行されているカードは、VISAとJCBの二つの国際ブランドが中心となっています。発行元によっては別カードになりますが、キャッシュカードと一体型のカードを発行することができます。VISAカードを発行している銀行を一覧にすると、三菱東京UFJ・ジャパンネット・住信SBIネット・楽天・スルガ・あおぞら・りそな・近畿大阪・イオン・ソニーなどとなります。JCBデビットカードを発行している銀行を一覧にすると、千葉・大垣共立・北洋・楽天などとなります。
 その他のデビットカードサービスに、Jデビットがあります。国際ブランドのカードやクレジットカードに比べると、加盟店が少ない、といったデメリットがあります。しかし、新たに特別なカードを作る必要がなく、すでに持っているキャッシュカードをそのままデビットカードとして利用できるというメリットがあります。どんなキャッシュカードが利用できるかというと、ネットバンクなどでは対応していませんが、日本国内で発行されているほとんどのキャッシュカードが利用できます。