デビットカードを発行している銀行は?

 クレジットカードはクレジットカード会社が発行するカードなのに対して、デビットカードは銀行が発行するカードです。買い物の支払い時に、口座から即時決済されるのが特徴です。国内で発行されているデビットカードは、クレジットカードほど種類は多くありません。国際ブランドのデビットカードであれば、世界中のブランド加盟店で利用でき、海外ATMの利用も可能です。日本で発行されているカードは、VISAとJCBの二つの国際ブランドが中心となっています。発行元によっては別カードになりますが、キャッシュカードと一体型のカードを発行することができます。VISAカードを発行している銀行を一覧にすると、三菱東京UFJ・ジャパンネット・住信SBIネット・楽天・スルガ・あおぞら・りそな・近畿大阪・イオン・ソニーなどとなります。JCBデビットカードを発行している銀行を一覧にすると、千葉・大垣共立・北洋・楽天などとなります。
 その他のデビットカードサービスに、Jデビットがあります。国際ブランドのカードやクレジットカードに比べると、加盟店が少ない、といったデメリットがあります。しかし、新たに特別なカードを作る必要がなく、すでに持っているキャッシュカードをそのままデビットカードとして利用できるというメリットがあります。どんなキャッシュカードが利用できるかというと、ネットバンクなどでは対応していませんが、日本国内で発行されているほとんどのキャッシュカードが利用できます。